RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
勘違い・・・。
たまには?仕事の話でも。
ここ数年なんですが、数ヶ月に1回、いきなり知らない文書が舞い込んできたり、またアポなしの飛び込みで、「私の、弊社の開発した商品を見て(取り扱って)欲しい」
という打診があります。
言うまでもなくうちが作成、販売してる商品を何らかの形で見て、広範囲に流通してるのを調べ、この会社はこういうの扱ってくれるんじゃないか、権利を買い取ってくれるんじゃないかと特許成金を狙ってる方々の売り込みなわけですね。

別にうちは提案商品を買い取るとか扱うとかそんな事はしてないわけで…今日なんて、
『商品開発部責任者様 宛』と商品提案の書類を送付されてきまして…、責任者…俺の事らしいです(爆)。

時々テレビで主婦が特許で大儲けとか、そういうのが見られますけども、それは開発のアイディアを企業に持ち込み、採用してくれたパターンであって、うちの場合は、自社開発でしたので、材料の仕入れ、作成、そして販路を探すとここまでの工程は残念ながら一介の主婦やチャネルが違うサラリーマンなんかでも簡単にはできないのですよ、仮に家庭用ミシンで1点ものを作成し、オークションで売りさばくのは簡単です。仮想店舗でネット上で販売するんなら営業の手間も要りませんし。ただ、それを商業ベース(=生活するに値する)にもってゆく(=大量生産)のは並じゃできないのです、やはり。

何を思って、期待して、うちにいらっしゃるのか資料を送付してくるのかは真意は知りませんが、発明教会発行のコピーを送られてきても具体的に商品化、サンプル作成をしたものって全然ないんですな、実際に作ってみないと幾らか金つぎこんでも。
結局そういう方はアイディアに満ち溢れてても、需要がどれだけ見込め、販売価格が幾ら辺りなのか、また幾らならユーザーは手を出してくれ、興味を示してくれるのか、ターゲットとなる層はとか、そういうことまでは考えてないですね、残念ながら。
頭の中に描き、紙面に起こした、そこまででも凄いじゃんとは思うんですけども、それは大企業さんの商品開発室の中のお話であり、それでお金を儲けたいと思うなら、その先の見込みマーケティングも必要ですよね、実際。

じゃないと、あ〜いいね、便利そうだね で終わるのです。
企画提案だけで食えるほど世の中甘くないと俺は思います。IC絡みのものであれば別ですけども。


author:toyochi, category:商い, 23:59
comments(2), trackbacks(0)
やい!初心者(クソ面倒)
ヤフ○クで物の販売をしてまして、たまぁ〜に始末の悪い初心者に遭遇します。今回のパターンは、
「振り込みました、ご確認後、評価をお願いします。」
2時間後
「振り込みました、確認してもらえましたか?、評価をお願いします。」
更に2時間後
「確認してもらえましたか?、すぐに評価をお願いします。」

評価ゼロなので全くの初心者なんですが、こちらの状況はまるで無視なわけですよ、一人で暴走するタイプです(相場としてオッサンなんですが)そんなに焦ってどないするん?って思ったりします。
今は評価ゼロでも落札して頂けるようにしておりますが、こういう場面に出くわすとやっぱ制限かけようかなぁ〜と思ってしまいます。

もちろん、逆に当方初心者です、不手際がございましたら何なりと申して下さいなんて事をおっしゃる方はホント落ち度のない、気持ちの良い取引ができたりします。逆に俺は普通にできちゃうよって方が痛いんですよね。


確かに見えない相手とのやり取りですので色々な思いもあるでしょう、はよせぇ!と言われるとうるせぇ!と思いますが、逆にお時間のある時で結構ですなんて書かれる方が焦ったりしますけども、それも狙いかもしれませんね。100以上の評価が付いてる方は良くも悪くも流れを把握されてるので余裕があるなと思います。

author:toyochi, category:商い, 17:43
comments(0), trackbacks(0)
これ、面白いかも?(微妙)
仕事の上で今年は出来るようにするよと宣言して放置しておいた事があります。去年もそうだったんですが…。
これだけは出来んよと逃げてたんですが、そうもいかない状況があったりするわけでとりあえず指示を受けつつやってはみたものの、なかなか思い通りにいかず、なんでやねん!と何度も投げたんですが、コツみたいなものがあり、そこをクリアーしたら案外うまくゆきまして、これはちょっと極めるべきかもしれないと思ったのでした。
それは何かと言いますと 「ミシンでの裁縫」です。

ズボンのすそ直しをしないといけないわけで、みすみす客を逃してしまうのはもったいないと常々思ってて、過去に何度か挑戦はしたんですが、こういう道具を使う物って基本的に左利き仕様にはなってないわけで(はさみ、包丁だって然り)、余計に違和感というか馴染む、克服するには普通の方の3倍位時間を要するのは目に見えてるし…と渋ってたんですが。

案の定とにかくまっすぐに縫えないわけで、こりゃお客さんに渡すには到底無理やなのレベルだったのですが、回を重ねる毎にまともになってきて真っ直ぐに縫えるようになりました。まだまだ修行の身ではありますが、慣れてしまえばこっちのもんだと思い、毎日せっせと練習用のズボンの裾を直し、もう既に数本お客さんの裾も直してみました…微妙な出来でしたが。
現段階での快心の作って事で。結構集中するとハマってしまう性格なので飽きるまで、若しくは克服するまではひたすらやるのは好きなので楽なのですが。年内にはまともになる事でしょう。でも、お客さんを待たせておいて仕上げるのにはちと時間要るでしょうね。


今は、左利きも尊重され、それ用のはさみだってあるけど、俺なんて無理矢理文字は右で書くようにペンだこまで作って強制的に直さされた口ですので、結構右用の器具を使うのは躊躇します、はさみでモノを真っ直ぐに切れないと怒られ、包丁は切れ味が悪い向きで料理に挑み、箸置きが逆向きに置いてあるのに違和感を感じて生きてる左利きの苦しみは右利きの人には一生解らんでしょうな。
左手を使ってたら今頃凄い画家になってたのに(妄想)。
author:toyochi, category:商い, 23:25
comments(4), trackbacks(0)
ニッカポッカ
鳶(とび)職の方が履いてる裾の広がったズボンです。
うちは作業服屋ですので扱っております。
外国人x2とホストファミリーらしき人が入ってきて、
「ニッカズボン?っての置いてますか?」
『ありますよ』と
とあるって!と喜ぶホストファミリー、
『誰が履かれるんです?』と聞くと
「彼が欲しいらしくて、今日広島城でとび職の人の格好を見て、欲しいと言い出して・・・」
『どちらの国の方ですか?』
「アメリカ人です」
こんな店でエプロンをしてボサーっとしてる奴は英語なんてできやしないとホストファミリー及びアメリカの青年も気を使ってくれてましたが
『一応英語できますから大丈夫ですよ』と
それでもホストファミリーの表情は<エ、アンタに出来るの?>ってな具合でしたので、
(じゃ、遠慮なく)
と、普通に日本語と変わりなく喋らせて頂きました。
彼は短期滞在で日本を回ってるらしく来週には帰るらしかったのですが
「今まで街や買い物で出会った日本人の中で一番英語出来てますよ」
と言ってくれました。
会話を聞いてたホストファミリーはポカ〜ンとしてました。
「英語おできになるんですね!」
『おできになります(爆)』 (ザマーミロ)

彼は満足して黒のニッカを買って帰りました、何処で履くんでしょうか?
ちなみに著名人だとエアロスミスのジョー・ペリーは愛好者です。

商人を舐めてもらっては困ります(笑)。


author:toyochi, category:商い, 19:37
comments(1), trackbacks(0)
ヘンな日本語
店番をしてましてよく言われる言葉
「トイレってある?」
あるに決まってるのですが、どうやら貸して欲しい、そんなのは分かってるのですが、意味がよく分からないので
『あるよ』
と答えてあげます。
ある?と聞かれてるだけで、場所まで言う必要もないと思いまして(悪)。
何故貸して欲しい、貸して下さいと言えないのか?不思議です。
それにこういう奴、決まって礼も言わないです。今も呑気に連れともう10分以上商品を物色してます、買うもの決まってない=買う気がない客です。
買うならトイレ位どうぞって思うけどこのまま何も言わないで帰ってゆくんでしょうなぁ・・・世も末ですな。
author:toyochi, category:商い, 18:11
comments(0), trackbacks(0)
ウザい・・・。
今朝の事ですが、不愉快な笋かかって参りまして、先物取引の勧誘の笋覆鵑任垢、こやつから笋かかってくるのは数回目でして、事の始まりは
某政治評論家の講演会なるものに応募しまして、その当日体調不良で行けず、その後援をしてた(言い方変えれば名簿集めの為の講演会)のがこの先物取引の会社で、んでいらっしゃらなかったので○○先生の本を渡したいと、まさかガキの使いじゃないんだから、本だけ渡すだけではあるまいと、何度か笋靴討て、丁度タイミングの悪い月末…また今度にしてくれとそれで何度か笋靴討たのでアポ取ってやってきて、
「あぁ〜先物はしないから、信用してないし、今はネットで自分で株できるし、営業なんて来てもらわんでもエエよ」
とその日はおとなしく退散。この手の職種のやり方は知ってるので大体翌日の朝早くに笋靴討て
『○○が暴落して今が買いなんです!』
(やっぱ笋靴討やがった)「昨日言ったように自分の言った事曲げないから、いらんからゴメンよ、それに訪問の翌日朝に笋靴討る技って昔と変わらんのね。」
と言ってあげました。

それ以後笋覆ったのであぁ、もぉかからんし平和というか忘れてたんですが今朝かかってきまして
『昨日のスマトラ沖地震の影響を受けて価格が変動して買いなんです!』
(誰もそんなので笋靴討海い覆鵑突蠅鵑任覆い掘ΑΑΑ
「あのね、今、年度末で忙しいんよ、今度にしてくれん?」
『そんなのより、今じゃないとダメなんです○▲%&$!!! 時間ないなら損させないんで私に任せて #$%(%(!!!』
マシンガンのように喋って今しかないんだと言わんばかりに、この情熱を買ってくれ!と言わんばかりの勢いでしたが
「あのね、人の言う事聞いてくれんような強引なやり方する奴に、分かったよ、って金託す奴はいると思う?やり方間違ってると思わない?」
まだウンタラかんたら言ってくるから
「もういい、2度と笋靴討るな!!、さようなら」と
切りました。
多分、明日の朝も笋靴討るんでしょうな、昨日のやり方は間違ってました、と謝ってでも昨日言う事聞いて下さったら儲かってたんですよとも言うでしょう。っていうかウザいんですな、こういうの。
こっちは何百円の儲けで日夜頭下げとるんですよ、ふざけんなと言いたいです。というかネットで株動かせるからそういう営業マンいらんです、資料だけ頂戴、自己責任でネットでやるからと言いたいです。
明日笋△辰燭蕕泙進鷙陲靴泙后
author:toyochi, category:商い, 23:35
comments(0), trackbacks(0)
物への拘り
人にはそれぞれ拘りがあると思いますが、例えば服を買う際に、一通り袖を通してみないと気が済まない、それは気持ちとして分かりますが吟味する時間がかかればかかるほど、この人は時間があっていいなぁ〜と思ってしまうのです。高いものを買うならまだしも仕事で使うものならそこまで拘らなくてもいいだろうよと思ってしまうのですが、そうでもない方が結構いらっしゃいます、男でも。使い慣れたもの、これでないとダメという拘りは好きですけども優柔不断は見てて「はよ、しようや!」、と思ってしまいます、正直。一番始末悪いのは100円の皮手袋を買うのに、縫製のいいのと悪いのがあると1個1個ご丁寧に観察される方、金は貯まっても時間の使い方非常にヘタな人だなと思います。お財布の事情はあるんでしょうけども。
 その拘り程にいい仕事するのかな、この人は?と思ってしまいますが。

逆にこの店ではこれを決めて買われる方、これはある意味賢い買い方だなと思います、○○はもっと安かったと言われる方、他の安いものに対しては黙ってますので、アテにならんです。別の店言って同じ事を言ってるのでしょう、間違いなく。

プラズマテレビを買うのに吟味するなら分かりますけども、そうじゃないんですし・・・。

 
author:toyochi, category:商い, 18:27
comments(0), trackbacks(0)
出る杭打たれる
連日賑わせてますねぇ、ホリエモン。俺よりも若いのが腹立ちますが、服装のセンスと事業の大きさは関係ないようで、あれが余計にクレームの質を上げてるんではないかと思われます、でもスーツ着る理由がないのに着る方がおかしいんですけど、実際。正装すれば誰でも偉く見えてしまう、正装しなくてもそれだけの技量があれば飾りはいらんなという事でしょう。

別に悪い事してないのにこぞって文句垂れるのは何だか嫉妬と文句を言うエコノミストも彼のおかげで仕事もらってるのでその分波風立てて頑張らないといけないのかもしれませんが、オッサンが妬んでるだけにしか見えません。他局にとってはこれほど面白いネタはないってのもあるんでしょうけども、何にしろかきまわされてるわけです。

別に彼は犯罪犯したわけでもないのに悪人のようにされてしまい、上場してる株買えるだけの力持ってるんだし、買って下さいって示しておいて今さらごねる方がどう考えてもおかしいと思います。その点においては。
ただそれが気に入らないからと言って各方面からいやらしい圧力を加える方が社会的にはもっと問題だと思うのですが。
頑張れとは言わないけど傍観してて、やはり面白いですな。

author:toyochi, category:商い, 23:33
comments(0), trackbacks(0)
終わりかも・・・。
土日と農機具屋さんの展示会に作業服を持って、店を出して販売したのですが、客足の鈍い事、鈍い事。ここの展示会には俺が高校の頃から行ってるので長い付き合いになるのですが、昔はかなり売れてたのに今はサッパリです。お客さんの高年齢化が進み、毎年行く毎に出会えるのを楽しみにしてた人の顔がまた一人減り、一人減りといった具合です。
病気なのか隠居されたのかは定かではありませんが。
同じように店を出してる金物屋、乾物屋さん、そしてメインの農機具のメーカーも「目に見えて売り上げ減りよるよね…」
確かに全盛期の半分以下で、もうほ賑やかにする為のボランティア状態、昔は一儲けを企んでましたが、今は店でこれだけ売れるわけじゃないし、やらないよりやるほうがマシのレベルとなりました。

今はネットで欲しい物が何処からでも手に入れられる時代であり、もちろん高齢者ですからほとんどの人が対象ではないのですが、財布の紐が硬いのは事実です、その割りに振り込め詐欺には引っ掛かる、俺の啖呵売には箸にも棒にもかからない、金額が小さい方がシビアなのでしょうか?(笑)。
若い人、20代はおろか、30代もまばらで日本の農業は見通し暗いなぁと思ってしまいました。

こういう模擬店を出して売るのは自分の技量を計るのにはいい機会なわけですが、俺の接客レベルが年々グレードダウンしてるのかもしれませんが…いやそれはないと祈っております。
author:toyochi, category:商い, 22:50
comments(0), trackbacks(1)
伸るか反るか
久々に商いのお話しです、最近お蔭さんで卸し関係での問い合わせが多くなってきまして、緊張しながら対応する事も多いのですが、オリジナル商品を売ってる手前、安くしろには応じません、1000位ではとてもじゃないけど、しません。
『600買うのと1000買うのだと値段変わる?』
と自信満々で聞いてくるので、
「全く変わりませんが」、
『じゃ50個なら?』と聞かれ
「やはり変わりません、桁が変わるなら変わるんですけども・・・」
『・・・〈沈黙)』
付き合いのあるメーカーからの紹介なので丁寧に応対しましたが、
1000と言う数字は魅力的なものの、1回目からの購入で値切られたら次はまだ値切ってくるだろうなと思いましたし、何で競合がないものを安くしてまで売らないといけないのか?という考えがありますので、決裂してもそりゃ仕方ないと思ってます。安売りしてその場でパっと散る商いはしたくないので、納得した人だけが買って下さいでいいかなと思います。

それでなくても今年は生産ベースかなり上げないと追いつかない程の注文をもらってますので、値切られるのならいいやと思うし、俺としては個人様向けの販売の方が楽しいし、好きです。全国各地にリピートしてお買い物して下さる方が沢山いらっしゃいますし、確実にユーザーが増えてるのに手応えを感じてる次第です。のんびりしてられるのは今だけなのかもしれませんが。
author:toyochi, category:商い, 07:49
comments(0), trackbacks(0)