RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
守護神
ようやく見てきました、守護神前売り買ったから絶対見ないとと思いつつもなかなかタイミング悪くここ3週間映画館へも足を運べず、久々の鑑賞となりました。と言っても今週BS2でアンコールで「男はつらいよ」のベスト5放送中(金曜が1位作品、これで当分寅さんをTVで見る事はないと思うと寂しいんですが)なので別の楽しみはあったのですが、やはり映画館で見るのは迫力が違うわけで、この守護神も予告編を数回見て迫力あるなぁ〜と見たいなぁ〜というのがあったので見てきました。
ケビン・コスナーカッコ良かったです、ホント。

しかし…俺の真後ろのバカップル、男の方は3回、女の方は1回退出、バカ女携帯のスイッチ入れっぱなし、しかも着メロ入れっぱなし、マナーモードにする気ゼロ…。
お陰で最初の20分位気が散りました、ホント。余りにも分かり易いほどのバカぶりで、見せ場じゃないとこでは、ゴソゴソゴソゴソ、小声で喋ってるつもりで大迷惑の会話、こういう奴らと同じ時間を共有するとホント損した気になります。
高校生ならねぇまぁまだ最近の若いモンは済ませてやるんですが、最近若くなくても非常識なの沢山いますんでねぇ、そういう奴って家でおとなしく見てろよって思います。
それとも学校で映画の見方習ってないから知らないとでもほざくのでしょうか?

後半は集中して見れましたけど、残念でした、前半。2度と来るなと云いたいですな。
来週、再来週辺りから春休みになるんで賑やかになるんでしょうね、また。
author:toyochi, category:映画, 01:54
comments(2), trackbacks(2)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 01:54
-, -
Comment
映画館に限ったことではなくてほんとに最近、ここは公共の場でお前の家ちゃう!!って怒鳴りたくなるようなこと多いですね。
あれって大人の教育が悪いと思います。
昔は外食するときも、外で食べるときには家とは違って周りの人に不愉快にならないよう作法を教える場でもあったのが、最近はどこでも家の中と変わらんようになって、まず連れて行く大人が注意しないですもん。
確かにね、小さな子供育児中に外目が気になるので外出や外食ができなくて母親は特にストレスがたまるのでそういう言い聞かせもできない幼い子供のいる状況でも外で食べられる場所っていうのがあるのはありがたいです。
でもどこでもそうというのはやっぱまずいですよ。
そういうところはそういうところで分けておかないと。子連れでもOKのファミレスや周囲に迷惑をかけない個室を取るとか。
それが、きちっとしたレストランにも行儀教えず子供を連れて行って「大目に見てもらおう」っつう親がいるから子供もつけあがるんです。
私はサルがいるので絶対に映画館、誘われても行かないです。おいていければ別ですけど。結構誘われますよ、お母さん友達に。
でも己の子供が周りに迷惑をかけるのわかっててなんで行けるんだろうって不思議ですね。
toyさんが会われたバカップルその他大勢の迷惑かけても平気組はきっと親もそういう親なんだろうなーと思います。
こんなことじゃ日本、大げさじゃなくて、ほんとにだめになると思うなあ。
久々にまた怒って長文書いてしまいました(^^;)
chiimariri, 2007/03/16 2:56 AM
マナーのなってない奴は映画館に来る資格ないと思うんですよね、シネコンの普及で映画館のマナーを知らない奴らも行くようになった現われかなとも思います。
単館系の映画館にはまずこういう事はないです、映画好きしか集まらないから。

公共の場、食事をする場合、バスや電車、他人と一緒になる空間での行儀ってのは大切だと思います、

もし仮に事件が起きたとして不愉快な行為をしてた事が責められる事はないんでしょうけども、でもいつかはそんな事件が起こらないとは言えないような気はします。

誰が不愉快な行為、空間を作ったのか、それを問わないとモラルもマナーもへったくれもないですよね。

知らないなら教えてやればいいんでしょうが、エエ歳した者にはわざわざ諭す優しい人はいませんよね、バカな奴って見るだけですもんね。

大袈裟じゃなく、この国はホントダメになってきてます。


toyochi, 2007/03/16 3:09 PM









Trackback
url: http://toyochi.jugem.cc/trackback/538
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
-, 2007/03/16 4:08 AM
守護神
海猿のハリウッド版?アメリカの沿岸警備隊を舞台に、カリスマ的な実績を誇った元レスキュー・スイマーと、若き訓練生の関係をドラマチックに描くヒューマニズムドラマ。
映画や本を淡々と語る, 2007/05/31 11:38 AM